インスタグラムより転載

July 12, 2017

 

カテーテルケースはこうやって作っています。かなり地味です。😅 私の本業は企画屋さんです。企画書を制作したり、ホームページを制作したり… なので、マミーズアワーズショップのホームページやチラシ、ショップカードは全て自前で、私が本業の合間に制作しています。HPの写真は、我が子と近所のお友達。自宅で撮影して、背景をちょちょいと加工しています。大概スマホ撮影です。😅

 

裁縫とは無縁の、三兄弟の母をしていた矢先、長男が小児白血病に… そこで医療機関から、カテーテルケースの制作をするようお達しが出て…目が点。頭が「?」でいっぱいになりました。そもそも病院にサンプルもないし、これから治療が始まるというとき、しかも我が子がカテーテルを体に埋め込む手術をするというときに、それのカバーを作れとな??

何をおっしゃっておられるんでしょうか?と。。。

大体付き添いをしてるのに、生地を買いに行くこと自体できないし、どないせーとおっしゃるんですか?と…

 

そんな自分の経験から、同じように感じている人はきっといるはず…と始めたこの活動。立ち上げて半年が経ちました。 小児がんの年間発症数2000人に対して、累計販売個数65個 件数33件

約1割の方に利用して頂き、寄付やプレゼントも合わせると100個以上のカテーテルケースを世に出している計算になりますが… 広報はSNSのみ。まだまだ認知されているとは言い難い状況です。 ご使用後アンケートで、もう少し早くこの活動の事を知っていれば、本当に助かったのに…という言葉がありました。

個人の力では限界があります。

必要な人に必要なタイミングで届くように… 拡散のほどよろしくお願い申し上げますm(__)m

 

病気の子供たちと家族を応援するショッピングサイト マミーズアワーズショップ https://www.mammies-hours.com/ 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

内閣府共催J300アワード特別賞受賞

February 19, 2018

1/10
Please reload

最新記事

October 18, 2018

July 19, 2018

Please reload