CVカテーテルケース

CVカテーテルとは、抗がん剤を中心静脈にダイレクトに届けるための細い管です。

小児がんなどの化学療法や、IVHやTPN、いわゆる「中心静脈栄養法」といって高カロリー輸液を体内に取り込み消化器系障害の治療、心臓疾患の治療など長きに渡り点滴治療をする子供達は、CVカテーテルを体に埋めこんでいる事が大多数です。

しかし、その先端は体から突出しており、見栄えもグロテスクですし、なにより管が身体の近くでぷらぷらしていたら衛生面でも問題です。

特に小さなお子さんだと、気になって引き抜いてしまう引き抜き事故が懸念されます。

​そこで各医療機関より案内されるのが、「CVカテーテルケース」です。

​CVカテーテルの御守り的存在「CVカテーテルケース」

CVカテーテルケースの制作は、保護者が行うのが慣例となっています。

CVカテーテルケースは、引き抜き事故の防止・感染予防はもちろんですが、保護者が制作することで「早く治りますように・・・」という制作者の思いが込められたお守りのような役目を果たしています。​​

*CVカテーテルケースは、効果効能が保障された製品ではありません。取り扱いに関しては、自己管理のもとお子様の見守りをよろしくお願いいたします。

カテーテルケース制作キット

縫い方 HOW TO

STEP 1

カテーテルケース

四方を縫い合わせます。

はじめの3辺は裏返しで縫い、最後の1辺 はひっくり返して、写真のように針をくぐらすように縫うときれ いに縫うことができます。

まつり縫いをしても何ら問題ありません。 ステッチのように普通に縫い合わせても大丈夫です!

RSVP

​​CVカテーテルは、きちんとした衛生管理をしなければ感染の原因になります。またお子さんにその重要性をきちんと伝えなければ、破損や引き抜き事故につながる可能性も考えられます。

そのため、CVカテーテルケース(CVカテーテル保護カバー)をきちんと装着し衛生管理を行うことを医療機関より推奨されます。

しかしながら、病院や市販で販売されているわけではなく、あくまで保護者の手作りで制作されていることが現状です。

マミーズアワーズショップでは、自身の経験をもとに、「病院で付き添いをしながらでも、お母さんが手縫いで仕上げることができる」ことに焦点を当て、商品を提案しています。

ぶらんとしたCVカテーテルのルートをまとめておくためのグッズとしてご提案しており、引き抜き防止や感染予防など具体的な効果効能を保証するものではございません。

​長い治療期間通して必要になるものですので、余裕のある時に手作りしていただけたら・・・という思いから、縫い方をご紹介させていただいております。参考にしていただけましたら幸いです。

*固定方法の一つとして、首紐をサンプル提案させていただいておりますが、管理の問題などから使用の有無はお客様にお任せしており、カート内でご選択していただけるようになっております。

*マミーズアワーズのカテーテルケースは衛生状態が目で見えるよう、裏地は無地のガーゼ素材設計にしております。​汚れが目立ってきたら交換することを強くお勧めします。

CVチャーム

今までのカテーテルケースにお守りやCV保護キャップを収納できるポケットをつけました!

CVチャームは、CVのお守りという意味。

CVを保護するだけでなく、早く元気になってほしいという思いを込めた商品です。

​また、大阪府の名産品「泉州タオル」とのコラボ商品もご用意しています。

スクリーンショット 2019-12-04 23.11.40.png

CVチャームは、チャーミングケアモールでお取り扱いしております。

IMG_3215.jpg
スクリーンショット 2020-01-18 21.33.58.png