October 31, 2017

 当ショップで扱っている「カテーテルケース」のような、CVカテーテルを保護するカバーを衛生材料として医療機関に流通させよう!という活動を始めました。

「みんなのカテーテルカバー制作委員会」と題し、STR企画が運営するオウンドメディア「ハートフェルトギフト」にて情報発信をいたしております。http://heartfelt-gift.com/catecover/

そう遠くない将来、ハンドメイド品しか選択肢がない「カテーテルを保護するカバー」に名前がつき、マスクやガーゼのように当たり前に医療機関で使用できるものにしたいと考えています。

現在その...

October 18, 2017

 子供のお見舞い品第4弾として、スクラップブッキングのキットを販売開始しております。

こちらはベッドサイドでお母さんと一緒に楽しく手軽に、自分の好きな写真を飾っていくことができるキットです。

基本的に中に入っているセットでハサミなどは使わず完結することができますが、お好みによっては

折り紙などを付け足してお母さんと一緒に工作を楽しんでいただければと思います。

ご協力いただいているのは、スクラップブッキング〜はじめまして〜の清水さん。

実は清水さんは元看護師さん!

看護師さんならではの感性で、ベッドサイドにも彩りを・・・と今回の企画に賛同していた...

October 16, 2017

少し肌寒くなってきたせいか、バンダナキャップのご発注をたくさんいただいております。

 マミーズアワーズのバンダナキャップは、ケモの際に髪の毛が抜けたり生えたりすることを意識して、袋縫いを多用し縫い目が地肌に当たらないように工夫しています。

1、髪が抜ける際は、帽子に抜けた髪の毛がつくことがあります。縫い目があるとその縫い目に髪が引っかかり不快な思いをします。

2、逆に髪が生えてくる際は、細く柔らかい髪がミシンの細かい縫い目に挟まり痛い思いをすることがあります。

この2点を意識して、袋縫いを多用することにより縫い目がなるべく地肌に当たらないよ...

October 7, 2017

輝く子どもたちのサイトで、今いろいろと計画していることをわかりやすくまとめてくださいました!

マミーズアワーズプロジェクトを始めて半年くらい経った頃から、ずっと思っていた思いがあり、内々にショップ内でアンケートをとってみたり、多方面に交渉してみたりしてきました。

今回、ご縁があり、山崎さんといろいろお話しする中で、話を具体的に進めよう!という方向になっております。

1、安心・安全なカテーテルの保護カバーをメーカーに製造してもらうこと
2、全国一律でそのカバーが使用してもらえるように、カテーテル保護のガイドラインを作ってもらうこと

この2点が...

Please reload

特集記事

内閣府共催J300アワード特別賞受賞

February 19, 2018

1/10
Please reload

最新記事

October 18, 2018

July 19, 2018

Please reload

アーカイブ